約1年2か月ぶりの国際大会

こんにちは!ニシケンです。

 

4月末~5月3日まで約1年2か月ぶりの国際大会「プレミアリーグ リスボン」に出場してきました。

会場の様子

 

今回は特に感染症対策を徹底的に実施しての遠征でした。その一例が以下の通りです。

 

・ホテルからの外出禁止。

 

・会場に居ていいのは自身の試合時間のみ。応援席も立ち入り禁止で、試合時間以外はホテル隔離。

 

・マスクを常にして、人と話す際(選手登録など)はフェイスガードを装着。人と触れ合う時は手袋装着。

フェイスガード・手袋で感染予防を徹底しました

 

飛行機内で睡眠をコントロールして、現地到着時には時差ボケを解消。食事も減量にあわせて低糖質なものに集約し、試合のその瞬間に精一杯力を出せるよう集中力を高めていきます。約1年2か月ぶりに試合ができるということが本当に感謝でした。試合では残念ながら負けてしまいましたが、とてもいい刺激を受けることができたので、必ず次につなげていきます。

 

コロナ禍にあって、空手をしている子供たちは自粛で満足な稽古・試合ができていない現状です。もちろん空手に関わる人や子供たちだけではなく、全ての人が、自粛によるストレスや先の見えない不安、生きるという現実の中でものすごく闘っています。そのような中で空手をさせていただけることへの感謝を決して忘れることなくこれからも頑張ってまいります。

 

未来への明るい希望をけっして見失わず、強い心で前進していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました